戸籍には保管期間があるのをご存知でしょうか。

平成22年まで戸籍の保管期間は80年と定められていました。

平成22年の法改正により戸籍の保管期間は150年となりましたが、昭和4年以前に除籍となっている場合、平成22年には80年を経過しているため、破棄されていてもおかしくない戸籍ということになります。

そのため昭和4年以前の除籍謄本は破棄されている可能性があります。

現在取得可能な最古の戸籍である『明治19年式戸籍』が残っている役所は比較的多くございますが、既に破棄されているケースもあります。

この明治19年式戸籍に江戸中期~末期出生のご先祖様が多く載っているため、より多く遡りたい、という方にとって明治19年式戸籍は貴重な戸籍です

戸籍さえ取得しておけば、家系図はいつでも作成できますが、戸籍は破棄されてしまうと二度と取得できないため、少しでも早く取得されることをお勧めしております。

取得の仕方がよく分からない・・・

今後家系図を作りたい・・・

戸籍は取得したいけど面倒・・・

と思われる方も多いいと思います。

そのような方や手続き等で戸籍が必要な方に、代行取得サービスをご案内させて頂いております。

ぜひご利用ください。

戸籍謄本は本籍地の市町村役場でないと取得ができません。遠方の場合は郵送請求ができますが、申請書類を揃えるのは、思いの外、手間がかかります。

また遡るほど本籍地を戸籍から読み取るのも難しくなり、古い戸籍は住所表記が必ず変わっているため、どこの役所に申請するかも調べなければなりません。

遡るほど申請書類の準備にお時間がかかり、難しい部分が出て参ります。

家系図を自分で作成したいけど、戸籍取得方法がよくわからない…古い戸籍は読めなくて本籍地が分からない…という声もよくお聞きします。
またご家族様が亡くなられた際、お手続きには亡くなられた方の出生からの戸籍謄本が必要となります。

戸籍は順番にしか追うことができないため、転籍が多いい場合は都度申請が必要になります。


何を揃えたら良いか分からない…
役所の申請は難しくてよく分からない…
忙しくて申請時間がとれない…

古い戸籍は読めなくなて本籍地がよく分からない…

◉どこの役所に申請するかが分からない…

家系図を自分で作りたいけど戸籍取得方法が分からない…
などといった方に代行で取得し、ご郵送でお届け致します。

◼️実費目安は4系統で¥30,000前後となり、代行サービス料合わせまして、¥45,000前後となります。あくまで目安ですので、人によりかなり幅があります。

 

◼️申請手数料に関しては6回申請が必要な方もいらっしゃれば、1回で済む方も方もいらっしゃるので、目安が立てられないため、上記目安には含まれておりません。

一市町村役場に対し¥1500の申請手数料がかかりますが、1つの役所に複数回申請する場合がございます。その際は都度申請手数料がかかります旨ご了承下さい。

★現戸籍(全部事項証明)・・・1通¥450
★除籍謄本・改製原戸籍・・・1通¥750

 

※現在の戸籍である現戸籍のみの代行取得・抄本や住民票など、その他証明の代行取得は、行なっておりません。

◼️お申し込みフォーム、又はお電話にてお申し込み下さい。

◼️お申し込み頂きましたら、ご案内させて頂きます口座に、前金¥20,000をお振込み頂き、正式なお申込みとさせて頂きます。
戸籍取得には戸籍代がかかりますため、前金として実費の一部をご入金頂いております。

◼️ ご案内、お申込み書、委任状等をご郵送にてお送りさせて頂きますので、ご記入頂き、ご返送頂きます。

◼️戸籍の取得範囲により代行サービス期間が異なりますが、3ヶ月前後お時間を頂きます。
※申請には一市町村役場で2週間前後のお時間がかかります。また取得まで1ヶ月前後かかる役所が一部ございますため、取得にお時間がかかる場合もございます。また転籍回数が多いい場合も取得にお時間がかかります。ご了承下さい。

◼️戸籍は全て郵送での申請となります。市町村役場へ訪問しての申請は行っておりません。

◼️戸籍申請の際、戸籍代は全て定額小為替でのお支払いとなります。(普通為替でのお支払いの場合も一部ございます)
定額小為替はいくらの小為替に対しても、1枚¥100の手数料がかかります旨、ご了承下さい。
(郵送申請の際はどの市町村役場でも定額小為替での対応となり、現金対応の役所はほぼございません)